腰椎分離症の症状

腰椎分離症になると一体どういう症状になるのでしょうか。

腰椎分離症とは腰椎の骨の一部が離れてしまう症状のことで、すべり症とは腰椎の位置がずれた症状です。

人の腰椎は前半分の椎体と後ろ半分の椎弓から形成されていているのですが、その間には椎弓根と呼ばれる部分があります。

腰椎分離症はほとんどが子供の頃のスポーツによる負担などで(体質的な部分もある)椎弓の部分で腰椎が分離しまい疲労骨折を起こしたものが原因と考えられています。

腰椎変性すべり症は、椎間関節の変形や椎間板の変性によって下の腰椎が上の腰椎を固定しにくい状態になり、ズレが生じる症状です。

また腰椎分離症でも下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することが出来なくなりズレが生じることがありますが、この症状は腰椎分離すべり症と呼ばれています。

どちらもすべりとズレが大きくなってくると神経が圧迫されて激しい腰の痛みの症状として出てきます。

特に長時間同じ姿勢をしたり、連続して重労働をしたりすると激痛になることがあります。

特徴的な症状としては、重い鈍いような腰痛があり、特に上体を後ろに反らせた時に痛みが激しくなります。

またすべりが強くなってくると腰部脊柱管狭窄症という症状になることもあります。

今までは手術でしか治らなかった腰椎分離症も中川式腰痛治療法で自然治癒が可能です。


nakagawahealth


中川式腰痛治療法の質問集
中川式腰痛治療法のよくあるQ&A
中川先生プロフィール
分離症名医中川先生とは
分離症が治った喜びの声
実際に中川式腰痛治療法実践された方の喜びの声
腰椎分離症とは
腰椎分離症の症状
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集6
リンク集7

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

分離症を自然治癒させる名医の治療法とは トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加